エムアール行政書士事務所

物流業をキーワードにして情報を発信していきます

自動車の自動運転技術の今

 

 f:id:mrgj:20170626183049j:plain

自動運転について

 

こんにちは。

今日は、自動車の自動運転の現在について書きたいと思います。

自動運転の操作とレベル

 

操作の種類

 

自動車の自動運転とは、ハンドル、アクセル、ブレーキの3つの基本動作を自動で行う技術です。

レベル

 

この技術レベルには、現在5段階が設定されています。

 

既出の、操作の基本動作を何個、人の手を借りずに行うことができるかによってレベルが変わってきます。

 

レベル1 1つ自動化

レベル2 複数自動化

レベル3 全て自動化だけど運転手必要

レベル4 完全自動化 運転手不要

レベル5 完全自動化 運転手不要

 

現在の技術レベル

 

メーカーの現状

 

現在、日産では、高速道路なら自動運転ができるレベルの車までは、作っています。

 

前の車に追従してハンドルを切って、前に車が入ってきた場合でもスピードを調整します。ただし、ハンドルに手は添えてないといけません。

 

レベルでいくとレベル2になります。

 

ホンダは、車線変更や追い越しまでを自動で行う技術を2020年までに実用化するそうです。

 

そして、2025年までにレベル3を実用化できるように研究中です。

 

トラックに関しては、高速道路上で前の車両に追随して走行する実証実験を行っています。

 

この技術が実用化となれば、長時間労働の軽減につなげることができます。

必要なインフラ

 

必要なインフラとしては、精度の高いGPSやセンサーなどがありますが、こういったものをやり取りする上で、必要不可欠な技術の一つとして通信技術の進歩も挙げられます。

 

すぐれた通信技術を使って、道路やGPSなどから車に様々な情報を瞬時に送受信することが、安全な運行には欠かすことができません。

 

現在4Gが主流となっていますが、第五世代の通信技術である5Gの導入が急がれています。これは、既存の4Gの10~100倍の通信速度で情報のやりとりをすることができます。

問題点

 

危険回避

 

自動運転が実際に運行され始めた場合、まず、何が重要かと言えば事故の回避になると思います。

 

この回避行動をどうするのか等も、考えるべきポイントとなります。

 

人の命が優先順位で一番だというのは、当たり前ですが、次に重要なものは何になるのか?を考えると、あらゆることが想定されてきます。

 

例えば、人を回避した後、犬がいた、でもそれを避けると猫がいて、猫をさけると建物に衝突して、建物が壊れたら中にいる人がけがをするかもしれない。

 

このような事態を想定したりしていくと、回避プログラムはかなり複雑になるのかもしれません。

 

このプログラムの組み方によっては、メーカーが責任を問われる可能性もありますので難しい作業の一つとなるのではないでしょうか?

交通事故

 

回避行動の問題と似通ってくるかもしれませんが、実際に事故がおきた場合、現在は仮に運転手に過失がなくても責任を負うこととなっています。

 

その状況じゃ避けれないですね、という状況でも運転手は何かしらのペナルティを受けることとなります。

 

しかし、自動運転である場合の責任はどうなるでしょうか?

 

100%人が悪い時、自動車側を免責とできる余地ができるのかなと思ってしまいます。

 

人が運転しているわけではなく、国が認めた基準で自動運転していた場合は、運転手(使用者)の責任のとりようがないのではないか?

 

逆に、人は車に対して賠償する責任が生じるのか?ということを考えていくと、新たな保険ができるかもしれませんね。

 

自動運転の将来

 

自動運転は、渋滞回避と事故の軽減を目標に技術革新を遂げてきました。

 

そのため、まずこれらが達成できなければ、存在意義が無い技術ということになります。まずは、自動運転が手動運転より優れているということが立証されないと、普及していくことは、到底かないません。

 

そして、この安全性が立証されて普及が始めれば、バス、タクシー、トラックなどの業界で高齢化や人手不足の解消につなげることができます。

 

また、通勤時間も有意義な活用をすることができ、働き人の一助となる技術となってくることは間違いなく、働き方に大きな変化が起きる可能性もあります。