エムアール行政書士事務所

物流業をキーワードにして情報を発信していきます

運転者ごとに必要な書類など

 

 f:id:mrgj:20170802154802j:plain

運転者の書類整備

 

こんにちは。

今日は、トラックの運転手の書類について書きたいと思います。

運転者台帳

 

まず初めは、運転者台帳です。

これは、貨物自動車運送事業輸送安全規則 第9条の四 に規定されています。

 

監査でも必ずチェックされる書類になりますのできちんと整備しましょう。

 

保管場所

 

作成した運転者台帳は、運転者の属する営業所に備えておかないといけません。

記載事項

 

  1. 作成番号および作成年月日
  2. 事業者の氏名又は名称
  3. 運転者の氏名、生年月日及び住所
  4. 雇入れの年月日及び運転者に選任された年月日
  5. 道路交通法に規定する運転免許に関する次の事項
  • 運転免許証の番号及び有効期限
  • 運転免許の年月日及び種類
  • 運転免許に条件が付されている場合は、当該条件

 6.  事故を引き起こした場合又は

   道路交通法第108条の34の規定に

        よる通知を受けた場合はその概要

   7.  運転者の健康状態

   8.  第10条第二項の規定に基づく指導の実施及び適正診断の受診状況

   9.  運転者台帳の作成前6ヶ月以内に撮影した写真

 

道路交通法第108条の34

車両の運転者の違反が使用者の業務に関してなされた場合は、監督行政庁に通知する

 

第10条第二項

特別な指導を受けさせるべき人たち、事故惹起者、初任運転者、高齢者の方達の規定です。

 保存期間

 

運転者が転任、退職その他の理由で運転者でなくなった場合は、直ちに運転者でなくなった年月日と理由を記載して3年間保存します。

 

乗務等の記録

 

この規定は貨物自動車運送事業輸送安全規則 第8条 に規定されています。

 

 乗務を行った運転者ごとに次に掲げる事項

 

  1. 運転者の氏名
  2. 乗務した事業用自動車の自動車登録番号その他の当該事業用自動車を識別できる表示
  3. 乗務の開始及び終了の地点及び日時並びに主な経過地点及び乗務した距離
  4. 運転を交替した場合にあっては、その地点及び日時
  5. 休憩又は睡眠をした場合にあっては、その地点及び日時
  6. 車両総重量が八トン以上又は最大積載量が五トン以上の普通自動車である事業用自動車の場合は、貨物の積載状況
  7. 道路交通法第67条第二項に規定する交通事故若しくは自動車事故報告規則第二条に規定する事故又は著しい運行の遅延その他の異常な状態が発生した場合にあってはその概要及び原因
  8. 第9条の三第三項の指示があった場合にあっては、その内容
運行記録計での代用

 

貨物自動車運送事業輸送安全規則 第9条の規定によります。

 

最近は、デジタコによる日報管理が主流であるため、前述の記載事項をデジタコで代用することが可能となっています。

 

ただし、記載事項だたりていない場合は、補足で記入しなければなりません。

保存期間

 

乗務の記録の保存期間は、1年間となっています。

健康診断の結果の記録

 

これは、労働安全衛生法第66条に規定されています。

 

この書面も監査でチェックされる項目の一つです。

 

使用者は、従業員に年に1回は健康診断を受診させる必要があります。

 

また、深夜の時間帯が労働時間の運転者は、健康診断は半年以内に1回受診させなくてはいけません。

 

そして、意外と忘れてしまいがちなのが、健康診断の結果に対して医師から意見を聴かないといけないということです。

 

これがないと、労働基準監督署の監査で指摘を受けることとなります。

まとめ

 

運転者ごとに必要な書類をまとめてみました。

 

どれも監査では、チェックされる書面ばかりですので、しっかり整備しておきましょう。