運送業と流通をサポート

物流業をキーワードにして情報を発信していく行政書士のブログです

ぎっくり腰は労災か?

業務中にぎっくり腰になったら労災になるのか?

 

こんにちは。

今回は、業務中にぎっくり腰になったら労災になるのか?ということについて

考えたいと思います。

 

私自身も2回やったことがありますが、ぎっくり腰になると本当につらいですよね。

 

そんなぎっくり腰ですが、会社勤めの時、仕事中になった人がいまして、

その時に労働基準監督署に直接聞きにいったんです。

 

ぎっくり腰が労災となる認定基準は以下のようです。

認定基準

 

1.腰部の負傷または腰部の負傷を生じせしめたと考えられる通常の動作と異なる

  動作による腰部に対する急激な力の作用が業務中に突発的な出来事として生じたと

  明らかに認められるものであること。

 

2.腰部に作用した力が腰痛を発生させ、または腰痛の既往症もしくは基礎疾患を

  著しく増悪させたと医学的に認めるに足りるものであること。

 

う~ん、なかなか分かりずらい感じですね。

 

普段と違う突発的な労働で生じた場合労災の可能性があるということです。

 

トラック業務などで言えば、普段よりも重い荷物を運んだ、

普段と違う労働環境で仕事した、荷物の量がとても多かった等の場合です。

 

そのため、単にものを拾おうとして屈んだ時に発症した場合は、労災にはなりません。

 

最終的な判断は労働基準監督署になりますが、目安としては上記の通りです。

 

まとめ

 

ぎっくり腰は、起きた時の状況で判断されます。

 

普段と違う労働であれば労災が適用される可能性がありますし、

なければ、傷病手当の対象となります。